食生活や食習慣の変化

食生活や食習慣の変化

食生活

随分と前から食生活の変化などもあって、日本人の野菜不足が指摘されています。

 

未だに十分に改善されているかと言われると、中々解消できていないというのが現実なようです。国では、1995年から1997年にかけて、大規模に国民栄養調査というものを行いました。

 

そこで集められた20歳以上の男女のデータから、カルシウムやカリウム、ビタミンCに食物繊維の摂取量と、どのような食品摂取の摂取が関係しているのかを調べました。

 

その結果、カリウム、ビタミンC、食物繊維の栄養素を目標摂取する為には、野菜の一日の必要量として350グラムが必要とされました。

 

こういった調査結果を受けて、厚生労働省の「健康日本21」により、一日350グラム以上の野菜の摂取が目標として定められました。

 

しかしながら実際、日々の生活を振り返ってみると、一日350グラム以上の野菜という目標は知っている人は多くても、毎日、一日に350グラム以上の野菜を摂取できているという人は、なかなか少ないのではないのでしょうか。

 

その一方で、野菜不足が関係する可能性の高い症状として、肌荒れやニキビ、吹き出物、ストレスや便秘、そして高血圧や動脈硬化などの成人病がよく知られています。

 

毎日、野菜を必要量摂ることは、こういった問題を未然に防ぐ効果も期待出来ると言えるでしょう。

 

健康の事を考えると、一日に350グラム以上の野菜を、毎日摂取するように心がけたいものです。

 

ポピュラーに野菜不足を解消するという点ではバランスよく野菜を取るのが大切です。

 

野菜でも種類が多くバランスよく食べるには野菜の特性とか栄養素など理解していないとバランス良くは取れない場合もあるかもしれません。

 

なので野菜ジュースとかで手軽に最初の方はとっていくというのが大切になってくるでしょう。

▲食生活や食習慣の変化 上へ戻る
食生活や食習慣の変化 page top