現代人の気になる食生活

現代人の気になる食生活

食生活

現代人は野菜不足が指摘されています。

 

食生活が欧米化しており、野菜の摂取量はどんどん減ってきているのです。

 

1日350gが必要だと言われていますが、平均して50〜100gくらいは不足しているそうです。

 

以前は特に意識しなくても、十分な野菜を摂ることができていました。

 

これは、野菜を食べる量が多かったことも一つの理由ですが、野菜に含まれる栄養価が今とは比較にならないほど多かったことも理由です。野菜不足を解消するためには、生野菜を自宅で調理して食べるのが一番でしょう。

 

おすすめの調理法は油炒めになりますが、これは野菜の持つ栄養価を最大限に活かせる調理法なのです。

 

油と野菜に含まれるカロチンの相性は抜群であり、カロチンの吸収率を飛躍的に高めることができます。

 

栄養をムダにすることなく摂取できる方法なので、野菜炒めが一番いいでしょう。

 

そのまま食べた場合は、カロチンの吸収力はそれほどよくはありません。また、野菜ジュース、カット野菜などで摂取する場合は、野菜の栄養価が少なくなっている可能性があります。

 

加工の段階で栄養素の一部が破壊されますので、生野菜を自宅で調理するよりも低い栄養価になってしまうのです。

 

野菜は色が濃いものほど栄養価が高いのですが、見た目がキレイだから体によいとは限りません。

 

野菜の栄養を最大限摂り入れるためには、自宅で調理するのが一番というわけです。

 

大量に食べるには、スープや鍋物、焼そばなどの具材として使用するのも効率的でしょう。

▲現代人の気になる食生活 上へ戻る
現代人の気になる食生活 page top